2018年11月12日

測量技術者とG空間情報

地理空間情報活用推進基本法(2007年8月末施行)が施行された
世界測地系の導入(2002年)に伴い,GISとGPSの連携と
活用拡大により行政の高効率化、民間技術活用、人材育成など
目的とし、国は基盤地図情報整備と活用技術開発による利用の
実証と活用促進を重ね、新産業の創出・事象毎に発生する弱者
保護の強化及び国土保全を実現する事を目的の一部とした。
此れに伴い、準天頂衛星の運用開始で通信技術とIT技術の
融合は我々測量調査業界と土木工事施行会社に新機材の投入
及び新技術を活用した空間情報取得と解析及び三次元図面の
提供により土木工事も三次元施行図を元にICTが実現した。

      測量技術はこれからの未来を支える君の投稿です
      続編は後日。
posted by hokkaido-gis at 13:51| コラム